BLOG

クックハウスに迷いこんだ捨て犬 名前はやっぱり「クック」

明るくて元気な男の子です 

警察署へ届けて、動物愛護センターで飼い主の迎えを待つ

後ろの子も気になる・・・


期限は11月12日でした 

期限を過ぎて飼い主が迎えに来なければ ほとんどの子が殺処分です

でも! 沖縄には愛護センターに登録している団体であれば 引き出すことができて

飼えなくても お世話代をお支払いすれば 犬のお世話はもちろん、里親探しまでしてくれます 今回はそんな素晴らしい活動をしている団体の一つ、「ハッピーテール」さんにクックをお願いしました 


さて、 これから里親探しをしてもらいながら クックの新しい犬生が始まる

その為には 資金が必要です! 

第1回目の費用は

初期医療費 15,000  お世話ご寄付 7,500 (11月)去勢手術予定15,000円(20日)

合計3万7500円 費用がかかります

(11月15日現在の募金額8,000円 ありがとうございます!!)

第1回目振込期限 11月20日まで

振込先はこちら↓

琉球銀行 西崎支店 普通口座番号0608168 店番号607

クックワンクラブ ホンダキョウコ

20日に一度集計して 足りない分はクックワンクラブメンバーで割ります

どうか皆様も ご協力お願い致します







作業が終わらないまま朝4時過ぎてしまった・・・

しばらくの間 通常作業に+やらなければいけないことが増えて

毎日こんな時間です 

昨日は軍鶏達に 日本最南端の波照間島のN様より、島バナナともちきび

高取さんから 柿や人間用の餌届きました

ありがとうございます!!

あと ミカンも2箱届きました 

皆様 いつもありがとうございます


作業が終わらないまま朝4時過ぎてしまった・・・

しばらくの間 通常作業に+やらなければいけないことが増えて

毎日こんな時間です 

昨日は軍鶏達に 日本最南端の波照間島のN様より、島バナナともちきび

高取さんから 柿や人間用の餌届きました

ありがとうございます!!

あと ミカンも2箱届きました 

皆様 いつもありがとうございます


頼む~~協力お願いします♪

本日出所します

先日クックハウスに迷い込んだワンコ

犬の権利を頂く為に 警察に届け→動物愛護センターで飼い主を待ちました

収容期限は11月12日まで 

まぁ、来るわけないか。 

でもおめでとう 次の犬生は迷子になっても死ぬ気でアナタを探してくれて 

死ぬまで(死んでも)アナタを愛してくれる家族が見つかるまで探します

と言ってもウチでは出来ないので 愛護センターから引き出しをして 里親探しをしてくれる施設にお願いしました 

もちろん お金がかかります!

月々の費用は預かり代や病院、薬代等々・・・

初期費用はオスなので去勢手術や検査、トリミング代もかかります

そしてそれを皆でシェアしようよ、って声をあげてくれた 私と同じ個人で犬猫の保護をされている辻さんが先ず手をあげてくださいました (感動)

更に!賛同してくださる方々が数名集まり「クックワン倶楽部」発足♪ 

このクラブは犬の里親が決まり次第解散します

そこで皆様にもお願いです 1万円下さいといいません

今日のランチを少しだけ削って 500円でいいのでこの犬のために募金してください


振込先はこちら↓

琉球銀行 西崎支店 普通口座番号0608168 店番号607

クックワンクラブ ホンダキョウコ


宜しくお願いします!!


ちなみに わたしはこの犬、1匹しか引き出しません

「もしも」を考えて、最後引き取る覚悟をしたら 1匹しか無理です


他にも沢山の迷い犬が収容され 期限が切れて殺処分されています

沖縄ではお金があれば 引き出し可能な団体さんに頼んで

里親探しまでしてもらえます

但し 里親さんが見つかるまで 負担し続けないといけません

処分迫る 「かわいそう」な犬や猫が沢山掲載されていますのでご覧下さい


https://www.aniwel-pref.okinawa/animals/accommodate/dogs

《沖縄で行われている闘鶏について》

軍鶏=沖縄では方言で軍鶏のことをタウチーという

下クチバシと蹴爪を切り 無抵抗の軍鶏と五体満足の軍鶏を闘わせ、何分間持ち応えられるか金をかける賭博

 一部の人はこれを沖縄の伝統文化「タウチーオラセー」と呼ぶ

闘鶏は毎週各地で行われ、沖縄の離島でも行われている

負けた軍鶏は豚の餌にするか

生きたままゴミに捨てるか 縛って畑や人に見られない場所に捨てる

薬を飲ませて闘わせるので 食べる事ができない

以前までウチの近所にも沢山捨てられました

今は闘鶏を反対されるのが困るので隠して捨てています

これは2019年2月14日に拾った軍鶏です 草むらにいました

近所の人の話しでは数日ここに居たそうです

頭に大きな穴が開いていて 刺繍糸のようなもので縫われていました

自分で首を持ち上げる事ができず 前のめりになり バランスが取れない状態でした

蹴爪も下クチバシも深く切られていた

動物病院で治療を受けましたが 助からず

苦しみだけの軍鶏生を終えた

顔はパンパンに腫れていた

よく見ると 腫れて閉じる事も出来なかった目に

涙が溜まっていた

これが沖縄の闘鶏です

軍鶏達を苦しみから救う為に 「闘鶏禁止」に声をあげてください

どうか、宜しくお願いします

長期入院中のウニ君が 今日動物病院で死にました

小柄なのに勇敢で優しい軍鶏でした

考えられる原因は コクシジウム(寄生虫)ではないかと思いますが

はっきりはわかりません

コクシジウム検査をしても出る日や 出ない日もあるようです

入院した日の検査では出ず 後の検査でわかりました

ウニ君は2019年2月26日に 空き地の草むらに先日死んでしまった

ミニワシと共に捨てられた軍鶏です

頭の肉が一枚取れていて 血でベットリしていました

下嘴も切られているので 練習用にさせられたのではないかと思います 

身体中にダニやシラミもついていました

おーい帰るよと声をかけた時の

不安そうな2羽の顔が忘れられません

写真:ウニ君とミニワシ 2019年2月26日

写真:ウニ君 けがをしてる頭

ミニワシに会えたカナ


さよならウニ君 ごめんね また会おうね。

性格が軍鶏の管理人本田です お世話になっております

長ったらしい投稿を大変失礼致します

フェイスブックには掲載していますが ブログを読んで応援して下さる方へ書いています

昨日は(もう一昨日)ウチの軍鶏 ウニくんが入院、チャーも体調不良で診察(多分卵管に問題あり?かも)、カタメはしりゅう症の悪化で病院へ

最近体調不良が続出中です・・・

写真:ウニ君 体重をギリギリまで落としてしまった。。。

立つのがやっと 歩く体力はありません

写真:カタメ 足のしりゅう症が悪化 歩行困難中


写真:チャー 卵管の何か。。。?

そして クックハウスに帰ってくると 近くの公園で中型犬がウロウロ


周囲にはたくさんの人が居ました ファミリーやカップルやいろいろ 何十人もね

この犬の存在は見えているはずなのに 誰一人気にする様子はありませんでした

犬は雑種 オス 爪は伸び放題 歯白いのでまだ若いかな? 

写真 散歩させて無くない? つめ伸びすぎ


中肉中背、痩せてはいないみたい よく人馴れしています

犬は駐車場で車を探しているようで 車に近づいては様子を見る様な感じに見えました

ウチの敷地には 目の見えない軍鶏や 犬を見ると家族を守ろうと戦いに挑むオス達、

譲渡先で犬の餌にされてしまい やっと帰ってきた生き残りの11羽もいて犬は恐怖でしかありません

かといって私は犬が嫌いなわけではなく 軍鶏だらけになる前は愛護センターの犬を定期的に引き出せる手続きを進めていて 自分のできる範囲、少数ですが里親に繋ぐ事をしたいと 

愛護センターの面接、家庭訪問を待っている所でした

(今はもう無理だよ!)

そんな訳で 少しずつ敷地に近づいてくる犬をとりあえず捕獲して持ち歩いてる(こんなときのために)リードをつけました

さてどーすんのって話 見ると爪は伸び放題 これ散歩に行ってない足だよね

いちよ首輪ついてるけど 

迷ってここに居るのか 散歩ついでにおいていくパターンかわからないけど

この辺りの捨て犬、猫、鶏の多さに 捨てられた可能性が高いと考えてしまう


写真:フードフード・・・あっ マルとワカ専用のフード、ドックフードじゃん!?

てことでおすそ分けしてもらう事に これもいつも御支援してくれている方のおかげ!)

近所のおまわりさんに来てもらったけど 結局愛護センターに収容される事になるし

パルボが(伝染病)心配だから一旦ウチで預かる事にした

写真:パムちゃんの家 追い出して犬一泊

ハブとか他の犬が来てケンカとか怖いからケージに!

今後どうするか 知り合いの犬の保護してる方に相談 この犬を預かりできるか

月々の支払いはどれくらいか 等々聞いて

現在愛護センターは収容時に予防接種もしてくれてパルボの心配が無いという事なので

次の日に犬の権利を得る為に警察に引き渡す事に決めた


警察署に届けると愛護センターに行き(タイミングは不明)7日間飼い主を待ち 

お迎えが無ければ殺処分となりますが 譲渡希望者が現れると出る事ができます(全てではない)7日を過ぎるとその犬の権利も取得する事ができ、愛護センターに登録している団体に頼むとスムーズに出す事ができる

自分で飼う事が出来なくても 有料で里親探しをしながら面倒を見てもらえる所がいくつかあります (但しシェルターにいる犬達との相性や持病もあるため 何でも受入れてもらえる訳ではない) 月々の負担額は基本料金+病院代などがかかる

里親が決まるまでどれくらいかかるのかは 誰もわからない 

あっさり決まる場合もあれば 長い間負担していかなければならない場合もある

ワタシもこのシステムを何度か利用させて頂いています

はじめから 犬を処分するつもりは無いけど

現在 私は大勢の方からのご支援で軍鶏達を養ってる身であり

あーでもないこーでもないと悩み考え フェイスブックで投稿した所 

とても身近な存在の 「辻さん」 が真っ先に手をあげ

数人で預かり代金をシェアして助けるといって下さり 有志を集めてくれた

辻さんという方は 怒られるかも知れないけど 若い方では無く 特にお金持ちでもなく

お一人で沢山の犬猫を保護し 抱えている方で 全く余裕はありません

そんな方が無理を承知で真っ先に手をあげた辻さんの心意気に敬服いたしました

そして集まった有志の方々も保護した動物を飼っている方達です

すごいよね ほんとにすごい。

感謝しかありません

私はフェイスブックの投稿には 糸満警察署に引渡し 愛護センターに搬送され

7日間で処分されるという話をふわっと掲載したため メッセージやコメントでだいぶ批判されたけど 犬保護します!なんて張り切って掲載したら また捨てられるから書きたくなかったんです

まぁ書き方が悪いので仕方ないですけどね

とりあえず もうこうなった訳なので今後は公開しながら行く末を見守りたいと思います

今後の流れとしては 糸満警察署から愛護センターに移動、愛護センターのホームページに掲載されたら保留をかけてもらいます(処分されないために)

もしも飼い主のお迎えがなければ お願いしている所に出してもらい お世話をしてもらいながら里親探しを開始という流れです

とても図々しいお願いではありますが 犬用の通帳を作り

有志の方々はそちらにお振込いただいて シェルターの支払いや通帳の管理人を辻さんにお願いしたく思います 

万が一集まったお金を使い切らないうちに里親が決まった場合

返金希望の方はもちろん返金、希望しない方はそのまま辻さんの保護している動物達の活動費などに使ってもらう(収支報告等はいらないぜ!が条件)と考えています

逆に 里親希望が現れず 金銭的に厳しくなった場合 クックハウスで面倒をみる方向で

施設の改善をするしかありません またその時は考えたいと思います

有志の方々のご意見お待ちしております















去年の台風の時に捨てられた2羽、チャーとミー

その時の台風の名前がチャーミーだったので こんな名前です

先日ミニワシくんが死んでしまって 

換羽の時期なので健康チェックを強化していたら 他にも具合悪いのがいるじゃない。

チャー、ちょっとこいつ怪しいかな?と思ったら 次の日には更に悪くなってしまった

明日の病院までもつのか。。。


最近は沖縄もすっかり秋で 夕方から肌寒くなって来ました

軍鶏達も外遊びゲージから室内へ早めに帰りたいみたいでご飯を食べ終わるとソワソワと出口にくっついて待っています 時間を冬時間に変更して軍鶏達をできるだけ早く帰宅できるようにしています

とにかく軍鶏様優先

今日もミカンとルイボスティーが届いてました ありがとうございます

先日来て頂いたボランティアさんの報告も出来ず

今日は写真も撮ってない・・

いつも応援、ご支援ありがとうございます

 






いろいろ報告できずに時が過ぎてしまっています

ボランティアの女神がきていました

とても嬉しい3日間でした また報告します

フルーツも届いています

軍鶏達が大好きなフルーツが届いています

平野様から梨、へんみ様より柿、林さん様より白菜

松本様、井上様、紫雲様、三浦様からみかん

みんな喜びます ありがとうございます

今夜はみかんと、柿かな。

先日死んでしまったミニワシくん

最後の夕食はトッピングのミカンだけ全部食べていました

もっと あげればよかった。

ボランティアさんがトッピングのミカンを切っている横でつまみ食いしようとするミニワシくんの写真が出てきて

また涙が止まらなくなった

ミニワシくんは どんなにつまみ食いしようとしても

下クチバシが切られているから 

ミカンをつまむ事ができなかった

ミニワシクンは草をついばむ事も、毛づくろいもできなかった

それを虐待と言わず文化と言うのでしょうか

ウチの軍鶏達が生きている間に 必ず闘鶏を禁止にする。

今日は来客もあり作業が遅れてます!


1週間前から 顔色が悪く 昼間も寝ている事が多くなっていたミニワシくんが 

今日の朝 死んでしまった


こんなにたくさんの 具合悪いサインを見ておきながら「ご飯を食べるから大丈夫だろう」と根拠の無い自信から 動物病院に連れて行く順番を後回しにしていました

ここ最近 クチマガリ、キゥイ、メダカ、まだ完全復活ではないウニくんと 瀕死の状態から復活して いつの間にか自分が治したという気分にでもなっていたのだろうか

動物病院で治療したおかげだったじゃないか。

何様のつもりだろう たかが2年目でいつの間にか 自惚れた人間になってしまっていました。 気がついたあの時に検査していれば助かったかもしれなかったのに。

改めて思いました  自分で面倒見れるのは2羽くらいじゃないでしょうか

1羽1羽 鳴き方も、声も、性格も、体臭も、好きな食べ物も違う鶏達

その子達にあった飼育環境を用意して

しっかり管理が出来るのって 2羽くらいじゃないのでしょうか

なんか今日は 改めて思いました


どんな環境で育ってきたか、年齢も、病歴もわからない軍鶏達ですが

78羽の子供達のサインを見過ごさないようにまた初心にかえります

ミニワシくんは悔いしか残らない死でした


ミニワシくんは クックハウスで最小の軍鶏でした

近所の空き地にウニと捨てられていて 拾ったときは歩く事はほとんどできず

病院で診察してもらうと 背骨から骨が曲がっている

近親交配も多く、栄養状態も悪い環境で育っている為決定的理由はわからないとの事でした

リハビリをしてあげる時間が作れなかったので ミニワシクンの遊び相手になりそうなメスを入れて 歩かせるようにしていると 軽く走れるくらいまで回復

きっと 個人宅で面倒を見てもらえたら もっと良くなったかも知れないけど。。。


拾った時にこのような状態にも関わらず ミニワシの下クチバシが深く切られていて

上のクチバシは折れて 顔は傷だらけでした

これは 練習用に使っていたのではないかと思われます

こんな小さな身体で 歩くのも困難な軍鶏のクチバシを切り

ケンカの練習台にしようとするなんて

闘鶏が本当に許せないと強く思いました

その気持ちは 今も今日も明日も変わりません

私の住むところで以前のように

闘鶏用の軍鶏が捨てられる事は 今後は多分無いでしょう

何故なら 闘鶏をやる人達の間で 闘鶏を反対されると困るから 軍鶏を自分で始末しろ

という話が広まっているからです

闇の中で生まれて また闇に葬られる軍鶏達

こんな残酷な事があってはならない

そして 闘鶏が禁止になるその日まで 今居る子達を死なせるわけにはいかないと

日々思っています

日頃から応援して下さる皆様、支援をして下さる皆様

クックハウスの軍鶏達を大事にして下さり ありがとうございます

そして このような管理不足で死なせてしまった事を 深くお詫び申し上げます


管理人 本田京子










(昨日のブログで~す)

今日の飛行機でお帰りの女神 

本日も朝から時間ギリギリまで働き続け


レンタカーで帰って行きました


なんか 涙が止まらなくなってしまって。。

泣いたら変な人だし ちゃんとお礼言えたかなとか 後から思い出しながら

つーか、恋人かっ!(笑)

本当にありがとうございました

きっともっと軍鶏達と遊びたいだろうに

触れ合ったのは1分位だろうか・・・

またお会いできる日までクックハウスを続けますので

今度はもう少し働かないで軍鶏と遊んでください。


女神来沖のおかげで 今日の午前中はいろいろできました

バットマンさんは草刈

私はダメ出しを食らいながら 台風で壊れた外遊びゲージの修理やシェード張り作業ができました

夜はしりゅうしょうの子達の包帯巻きに時間をとられ、やっぱり深夜に。


酷くなってしまってる子達は 外遊びゲージに敷いている海砂が入り込み

さらに悪化していく・・・


水で砂を落としてイソジンで消毒して くっつく包帯で出来上がり


まいても1日で汚れてしまいます 交換してあげたいのですがしりゅう症の子が20羽以上います

毎日全員は出来ないの数羽ずつ

この作業を年内は集中してやりたいので

ボランティアさんの助けが必要です

10月のボランティアさん来店スケジュールは今の所3日間

11月は1日です

10月18日、19、20 予定

11月は15日の1日予定が入っています

どうか30分でもいいので クックハウスに来て下さい

宜しくお願いします!!



ボランティアの女神2日目

早朝から夜12時近くまでフルコースで働いていました

※良い子はまねしないでね!

軍鶏達よ、女神が通り過ぎるまで頭をあげてはならぬ 頭が高い!


写真:コッコちゃん プレハブにかえるところ。

(軍鶏達は 必ず1日2回抱っこされる事になります

信頼関係を築く事もできて、体調の変化にもすぐ気がつけるのでとてもいいこと!

因みに、抱っこ好き軍鶏が多い


女神はクックハウス業務を全てこなして今日も宿へ帰って行きました。

お返しするものは何もありません

ただ 心から感謝申し上げます(涙)


因みに、1時間で構いませんので!!毎日ボランティアサン募集中、30分でも歓迎!!)


いろんなことやってもらったおかげで 私もいろんな事ができました

女神に甘えて 

最近行きたくてもなかなか行けなかった動物病院へ

耳の治療で通院中のワカと

足の腫れが酷くなったテン

下のクチバシを切られた為上のクチバシが伸び過ぎてしまう

メナシのクチバシカットもついでに。

ドライブが大好きなワカは外が見たい

いつもマルかメナシに助手席を占領されているので後部座席の間から

顔を出して景色をみている

その時マルはだいたい車酔いで死にかけ ワカはいい話し相手なんです

テンの足の腫れの様子

とりあえず 1週間 お薬を飲ませてみようということになってます

つづく・・・。